子供が小学校に入学しますと専業主婦だった主婦も仕事を探すケースが多くなります。幼稚園や保育園と違って小学校は基本的に子供だけで登下校します。しかし小学校の下校時間は早いので、終日働く主婦よりも早く家に到着してしまいます。子供だけで留守番させることに不安のある家庭も多く、学童の利用を検討する家庭は多いです。民間の学童は費用的には高額になりますがメリットも多いので要チェックです。利用する日数も選ぶ事が出来ます。週に数回程度しか働かない場合などの利用にも便利です。また施設やサービスは充実しています。中には送迎のあるものもあります。学校の宿題をしてから遊びや習い事などを受ける事が出来る場合もあります。また夏休みなどの長期休暇でも利用可能なので安心して働く事が出来ます。各家庭の利用するペースに合わせて相談してから利用出来ます。

働く親には学童で子供を預ける

今は働く親が増えています。親が仕事を終えるまでの間子供を一人で家においておくのは心配です。そこで今は学童という子どもを預かってもらえるところがあります。学校の敷地内にあるところもあれば、近くにあるところもあります。そこで宿題も済ませてそしておやつも食べたりして親が迎えに来るまでの間、皆で過ごせるようになっています。だからとても安心して親は働くことができるようになっています。きちんと宿題を終わらせてもらえるから親にとってはとてもうれしい場所でもあります。そこで友達と遊んだりすることもできます。子供も家に一人で入るより楽しく過ごせるようになっています。家に一人で入ると何か危ない目にあってしまうこともあります。そうならないためにも預かってもらえるところがあることがとてもうれしいことです。安心して任せられるところになっています。

学童で楽しく活動できる

学校が終わるのが早くてその間子供を一人で家においておくのは心配になってしまいます。子供1人だけの留守番をしていて不審者に狙われたり、勝手に火で遊んだりして火事になってしまったりしたら大変です。そんな心配をしないためにも今は小学3年生までを預かってもらえる学童という物があります。学童では子供たちの面倒を見てもらえます。今はほとんどの親が働いている時代だから子供たちを預けたいと思っている家庭が多いです。ここでは学校が終わったら宿題をまずはするようにしています。それからおやつの時間があります。子供たちは学校のようにここでも当番があります。それでおやつの準備や片付けの仕事をしたりしています。そして空いている時間ではみんなと遊んだりして親の迎えを待っています。皆と過ごせるから楽しい時間を過ごせます。土曜日もお弁当を持って学童に行くことができます。