学童という言葉を聞いた事がないでしょうか。子育て経験のある方にはお馴染みの言葉だと思われますが、子供のいない方にはちょっとピンとこないかも知れません。これは主に、学童保育の略称として使われている言葉です。学童保育というのは、日中保護者が家庭に不在の小学生児童に、授業の終了後に遊びや生活の場を与える保育事業のことを言います。現代は働く母親が増え、子供の帰ってくる時間までに帰宅することが出来ない、というお母さんはとても多いです。しかし子供だけで自宅においておくのは心配で不安になることでしょう。そんな時、この保育事業が大きな役割を果たします。お母さん達の心を支え、子供達の健全な心と体の成長を支えるという、貴重な両面からのサポートをしてくれるからです。上手く活用して、母親にも子供達にもストレスのない社会にしていきましょう。

学童に行っている子は、親の背中を見ています

お父さん、お母さんに安心して働いてもらう為には、安全を確保し、様々な学びを習得できる場としての子供達の受け皿が必要不可欠です。学童は、小学校に通っていて、両親が働いている子供達が所属しています。放課後の生活を共にし、宿題をやったり、一緒に遊んだりして互いにかかわりを持ちながら成長していけるところです。また、家庭環境と同等の環境が確保されているので、子供達同士の仲間意識が深まったり、家族同然の付き合いができるようになります。申込みをして月謝を支払うと、所定の習い事を受けられる形式を採用しているところもありますので、通うのを検討する場合は、どのようなシステムで運営されているのか、事前に情報収集をしてみるとよく分かります。子供は、親の背中を見て育つと言いますが、大好きなお父さんお母さんの日頃の大変さを身に染みて理解しています。家に帰ってきた時は、大いに話を聞いて、沢山褒めてあげると、子供達の次の日への活力につながっていきますね。

学童で守られる、子供の未来。

働く親が沢山いる現代は、子供の安全や健全な生活を守ることが、大変な世の中です。仕事が忙しく責任のあるもの出なければ、生活を送れる収入には結びつかないことが多く、沢山親は、過大な苦労を強いられています。そのため、学校が終わった後に、一緒に過ごすことが出来ない環境が多く、子供にとって学童で過ごすことは、いろいろな意味で大切です。何時間か預かってもらうことで、仕事が終業してからでも、迎えに行くことが可能になりました。それによって、親も子供も、安心して生活を送ることが出来ます。また、学童で教えてくれる内容の多様化が始まり、通う場所によっては、高い教養を身に付けることが出来ます。生活に余裕がある家庭であれば、本人のやる気次第で、さまざまな可能性に挑戦することが出来ます。子供にとって大切な学童は、今の日本には欠かせません。